食品機械設計・開発・製造・販売 株式会社ヤナギヤ 原料処理機械 サイレントカッター(カット・練る・混ぜる)

食品機械のヤナギヤ
ボタンサイトマップ ボタンリンク集 ボタンアクセス ボタンお問合せ ボタンリクルート情報 ボタンEnglish
細断混合・撹拌
乳化・調合
 ボールカッター
   BCZ
   BC100
 サイレントカッター
   SCB150
 高速サイレントカッター
 冷却式サイレントカッター
 フードカッター
撹拌・摺り潰し・混合
練り合わせ
 マイクロミックス
  メディカルミキサー
 マイクロミックス
  フードミキサー
 擂潰機
 傾倒式擂潰機
 冷却式擂潰機
混合
 一軸/二軸
 真空ミキサー
 スタンダードミキサー
水産練り製品水産練り製品
切る 練る 混ぜる

SC350
食品加工からファインケミカルの分野まで活躍。
サイレントカッターは、擂潰機同様のねりと混合を実現し、短時間に処理するための様々な工夫と改良が加えられています。
擂潰装置付は、刷り上げられた原料が、伸び・つや・弾力とも最良の状態に仕上がり、能力アップ、省力化、時間短縮が計れます。
耐久性も抜群であり、使い易く操作も簡単です。
特長
皿面に付着した原料は、スクレーパーで掻き取られ、擂潰装置で撹拌されるため、擂り残しがなく均一に擂り上ります。
ねりと混合が同時に行われるため、水伸ばしができ、つやのある製品になります。
撹拌中に空気を多く抱き込むため、容量が増え、ソフトな仕上がりになります。
ナイフ・皿は各二段変速装置で変速の選択と組合せが自由にできるため、品質の管理が容易です。
充実したオプション機能
■擂潰装置
擂潰装置は、サイレントカッターに混合とねり効果を加えるために開発した装置です。
擂潰装置付サイレントカッターで刷り上げた身は、伸び・つや・弾力とも擂潰機と同等の仕上がりになります。
さらに擂潰機で出来なかった能率アップ、省力化、時間短縮というメリットが加わりました。
擂潰機とサイレントカッターのそれぞれの長所を総括するものが擂潰装置です。
■変速装置
ナイフ、皿は各二段変速装置で、変速の選択と組合せが自由にできます。
■超低速装置
二段変速に加えて、さらに低い回転でナイフを回転させる装置で擂潰装置と併用すればカッティングなしの撹拌効果のみ得られます。
発熱を防ぎながら、水と空気の抱き込みを多くし、ソフトでつやのある製品ができます。
固形の混ぜものをする場合も、切らずに混合できます。
■ステンレス仕様
ボディはステンレス貼りが可能です。
皿はオールステンレス(SCS13)・溶射の2タイプがあります。
■皿カバー自動開閉(SC120・150は手動)
■生産管理システム(操作盤タッチパネル方式)
■カットナイフ(製品に合わせたナイフ選択)
ナイフは標準仕様の6枚刃ラウンドタイプの他、4カットタイプやオプションで8枚、10枚刃にも変更できます。
ナイフ回転を落とし刃数をふやすことにより摺り効果が上がります。
回転が少し遅いため、ナイフに当たる原料の層が厚くなり、接触が密になることと、皿の回転を早くすることでいっそう効果があります。
大正5年創業 株式会社ヤナギヤ 本社:山口県宇部市善和189-18
(c)1999 Yanagiya Machinery Co.,Ltd.